ペットが亡くなったら

いんこ

少子化時代を反映しているのか、ペットを人間の家族と同等に扱う人が増えています。
そんな大事な大事なペットがもし亡くなった時には、人間と同じように葬儀をあげることができます。
インターネットで検索すると、たくさんのペット葬儀屋が検索できます。
葬儀をおこなうかどうか、火葬だけにするかなども選べますし、火葬後はもちろん人間と同じように、納骨をおこないます。
また、初七日、四十九日、一周忌をおこなうことも可能です。
専門のスタッフが詳しく希望を聞いて、どんな葬儀にするかなどその希望に見合った送り方を、親身になって検討してくれます。

ペットの火葬と納骨

動物

飼っていたペットが亡くなってしまった時に人間と同じように火葬し納骨してくれるサービスがあります。
現在ペットは家族の一員と考える人が多く、この様なサービスは決して珍しくありません。
行政に連絡しても火葬のみのところがほとんどです。
もちろん行政に頼むより金額は高額にはなりますが火葬して骨壷による埋葬をしてくれますので、飼い主も納得がいく形で供養してあげられます。
ペットは家族の一員と考える人にとっては決して高すぎる金額ではなく、むしろ最後まできちんと愛情をかけて見送ってあげられる事が出来、ペットを飼っている人にとっては有難いサービスです。

ペットとのお別れ

納骨壷

ペットは近年、家族の一員として、家庭で大きな存在となっています。
寿命も延びているため、ともに生活する期間が長くなり、愛着が湧きます。
それゆえに、いずれやってくるペットとの別れは飼い主にとってとても辛いものとなります。
亡くなったペットの火葬、納骨は、自治体で行っているものと、業者が行うものがあります。
火葬については、その方法に大きな違いはありませんが、納骨は、個別にお墓を用意して行うものと、たくさんのペットたちとの共同墓地に埋葬するものがあります。
費用の面から言うと、1匹に1つのお墓を用意するほうが、費用はかかります。
どちらが良いか、というのは飼い主の気持ちしだいです。
「一人でゆっくり眠らせてあげたい」と思う人もいれば、「たくさんの動物たちと一緒なら、寂しくないだろう」という人もいると思います。
ペットは言葉が話せませんから、生前から「こうして埋葬して欲しい」と言う事はできません。
飼い主が納得のいく方法で見送ってあげることが一番の供養になるのではないでしょうか。

ペットの永代供養とは

納骨

ペットは今では家族の一員ですから亡くなった時はとても悲しいものです。
そのため人間と同じように納骨や火葬をしてあげると言う家庭も多く、現在ではそのように供養する家庭が増えています。
納骨や火葬をする時には、専用の業者がいますので、そのような業者に頼むと良いでしょう。
また、ペットの納骨や火葬を行ってくれる業者に頼む時には今では人間と同じように永代供養と言う仕組みを利用することができます。
ペットのお墓まで守る事はできないと言う人は、永代供養をすれば飼い主である自らがお墓を守れなくなっても安心ですから、利用してみると良いです。

ペットの火葬

ねこ

可愛がっているペットがお亡くなりになったら火葬、納骨を行いたくはないですか?ペットとは言っても大切な家族の一員です。
安らかに天国へ送ってあげましょう。
現在はペット火葬と呼ばれるサービスがあります。
ワンちゃんネコちゃんからハムスターなどの小動物まで火葬、納骨をしてくれます。
会場まで御遺体を連れて行き、綺麗な装飾が施されてる専用の箱に入れられ火葬されます。
納骨はこれも綺麗な装飾が施されてるはこなどに入れられてご家族へ引き渡されます。
最近ではご自宅まで伺う会社もあります。
ペット火葬で気をつけてほしいことは、頼む会社をよく調べることです。
場合によって火葬のみを行う会社もあるので、きちんと調べてから依頼しましょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031